新常識!コラーゲンだけでは不充分?あわせて摂りたい美容成分
コラーゲンサプリ大図鑑 » 今日からできる!見た目が若い人になるにはここをケア » 顔・フェイスラインのたるみをケアする

顔・フェイスラインのたるみをケアする

顔全体のたるみは、老け顔になってしまう原因ですよね。たるみが気になる場所は人それぞれですが、どうしてたるんでしまうのか、その原因は同じです。たるみが発生する原因と、改善させるために必要なケアについて知っておきましょう。

たるみの原因とは?

たるみの原因は、どこにあるのでしょうか?それにはいくつかの原因があります。

その原因ごとに対策方法が異なってくるのです。両方の原因に共通するのが、「加齢による様々な原因が、たるみにつながる」ということです。年を重ねるとどうしても、顔のたるみは生じてしまいます。それでは、どのような原因が、たるみにつながるのか、詳しく掘り下げていきましょう。

表情筋の衰えがたるみにつながる?

表情筋って、意識したことはありますか?表情も筋肉で動かしています。しかし、あまり表情を変えない生活をしていると、自然と衰えていくものです。実は、日常生活では表情筋は3割程度しか使われていないのです。表情筋が衰えることで、肌が重力に引っ張られてしまうため、たるみにつながります。表情筋は、顔のあらゆる面を支えている筋肉なので、意識して動かさなければなりません。たるみを防ぐためには、表情筋を使うことが重要になります。

気になる二重あごも…

二重あごは、フェイスラインの乱れを招く大きな原因です。顔が一回り大きくなった…それは二重あごのせいかもしれません。重力に負けてしまっていることで、起こってしまう二重あご。肌全体をキュッと引き締めて、リフトアップすることで改善していくはず。方法はいくつかありますが、表情筋を鍛えることも改善につながります。

猫背がたるみを生み出す

顔周辺さえ気をつけていれば、たるみがなくなるのではないか?と考えている人もいるかもしれませんが、実はそうではありません。姿勢も大きく顔のたるみに影響を及ぼします。その代表的な原因が、猫背です。みなさんの姿勢、猫背になっていませんか?実は猫背は顔のたるみに大きく影響を生み出します。

猫背になりやすい現代社会

実は、猫背になりやすい環境を社会が作っています。その理由として、スマホやPCが挙げられます。

スマホ操作をする際、下を向いて画面を操作する人が多いのではないでしょうか。この動作こそが、顔のたるみを作り出す原因となっています。下を向く動作は頭を前に突き出す機会が多くなります。頭を前に突き出す動作が顔のたるみにはよくない動作なので、気をつけましょう。

また、パソコンを操作する際、どうしても猫背になって作業をしているのではないでしょうか。猫背と頭を前に出している動作は、顔のたるみを生み出す最悪の組み合わせです。しかし、多くの人たちがこの動作をしているのが現状です。

何故この姿勢がいけないのか?

どうして、猫背が顔のたるみと関係があるのでしょうか?

猫背になると、全体的に筋肉が下方向に引っ張られてしまいます。この引っ張られる状況が続くと、表情筋にダメージを与えていくことになります。更に引っ張られることで頰のたるみが悪化して、ブルドックのような顔になってしまうのです。

姿勢が顔のたるみにつながるので、姿勢が悪いと言われる人は、注意が必要です。

また、猫背は顔だけに影響を与えるだけではありません。猫背が続くと慢性的な肩こりや、疲労がなかなか取れない。といった悩みを持つようになります。

そのため、猫背になっている人は、猫背を矯正するように心がけましょう。

体内のコラーゲンが減少

コラーゲンは、顔のたるみに影響する大切な成分です。

皮膚は、3つの構造に分かれて形成されていますが、その中で真ん中の層にあたる真皮にコラーゲンが存在します。

このコラーゲンはコラーゲン繊維となって、網のように張り巡らせてクッションの役割を担っています。このクッションの役割が、肌の弾力を生み出します。

そして、コラーゲンだけではなく、エラスチンという成分も重要です。網のように張り巡らせたコラーゲン繊維を支えているのが、エラスチンです。このエスラチンが減少すると、コラーゲン繊維を支える役割が出来なくなってしまい、たるみへとつながります。もちろん、コラーゲン自体が減少しても、弾力を維持することが出来なくなるので、やはり顔のたるみへとつながります。これらの成分は、年齢とともに減少していきます。コラーゲンを体内に補給するということも対策につながるので、覚えておきましょう。

頬杖をつくと、顔がたるむ

コラーゲンやエラスチンが不足している状態の顔に、やっていけないことがあります。それが「頬杖をつく」です。頬杖をつくと、ついている側の皮膚が伸ばされたるみの原因になります。弾力を保つ成分が減少すると、皮膚が簡単に伸ばされてしまうので、注意が必要です。

たるみへの効果的な対策方法は?

それでは、たるみへの効果的な対策方法はどのようなものがあるのでしょうか。ここからは、顔のたるみへ効果的な対策方法について、様々な面から紹介していきましょう。

マッサージで、たるみを予防

顔のたるみを予防するため、マッサージも適度に行いましょう。しかし、やみくもにやっては逆効果です。特に、強くマッサージをすれば良いというものではないので、過度に顔にダメージを与えるようなマッサージは控えましょう。

おすすめは、リンパマッサージです。

リンパマッサージをすることで、リンパ液や血液の流れをよくします。リンパ液がスムーズに流れることで、どのような効果があるのかというと、顔に溜まった老廃物や脂肪を流してくれる働きがあります。老廃物が溜まった状態を放置しておくと、顔のたるみにつながります。そのため、リンパマッサージをしてケアを定期的にしていれば、顔まわりのたるみは怖くありません。

<リンパマッサージの手順>

  1. 顔を優しく指でなでるようにマッサージをする
  2. 首側面のリンパを、下から上へなぞるようにマッサージを行う。
  3. その後、上から下へ下ろすようにリンパを流します。
  4. 顎先に親指を当て、耳に向かってフェイスラインに滑らせます。
  5. 頰の老廃物を流すために、口角から耳、頬骨から下、小鼻横から耳へと流します。
  6. 目元まわりのツボも刺激しましょう。

とても簡単に解説しましたが、顔全体のリンパをマッサージするのはかなりの工程が必要になります。しかし、しっかり行うことでリンパ液を流すことができるので、ぜひ取り入れてください。また、美顔器や美顔ローラーは顔のたるみに効果的であるとは言えません。むしろ逆効果であると言われています。そのため、なるべく避けるようにしましょう。顔に強い衝撃を与えるとかえって逆効果なので、その点は注意が必要です。

顔ヨガで表情筋を鍛える

表情筋を鍛えることが、顔やフェイスライン全体のたるみを改善してくれますが、鍛える方法も大事です。日常生活では、どれだけ鍛えようと思っても限界があります。そこでおすすめしたいのが、顔ヨガ。普段はしないような表情をすることで、使わない筋肉を鍛えていきます。

顔には60種類の表情筋があり、普段の生活ではあまり動かしていない人がほとんどなんだとか。この表情筋を意識的に動かして、伸縮運動を繰り返してあげることで、リンパの流れをよくしてあげます。筋肉は動かさなければおとろえてしまいますが、鍛えればその分成果がでます。

鏡をみながら、まずは、「あ・え・い・お・う」と口と顔を最大限使って発声してみてください。これを繰り返しておこなうと、顔の筋肉を使っている感覚が感じられます。いかに普段、自分が表情筋を使っていなかがわかりますよ。

猫背を矯正

猫背は、顔のたるみの原因になることがわかりました。猫背の人は治す必要があります。猫背を治す方法は、様々なアプローチがあります。

1、筋トレ、ストレッチで矯正

筋トレやストレッチで矯正する方法があります。筋トレでは、次のようなものです。

<簡単に出来る筋トレ>

  1. うつ伏せに寝た状態になる
  2. 両手で上体を起こし5秒キープ

5回繰り返す。

この筋トレを行うことで、背筋を鍛えることが出来、抵抗する体を作ることが可能です。ここから更に、腹筋を鍛えることで体のバランスを整えることが出来ます。背筋と腹筋を鍛えることで、猫背の矯正につながるので、寝る前に行うのも良いでしょう。

<簡単に出来るストレッチ>

ストレッチでも、猫背を矯正することが可能です。バスタオルを巻いてその上に寝ます。気持ち良いところで、バスタオルをキープします。そして、両手をあげるようにしていれば完成です。1日3分程度を目安に行えば尚効果的です。継続するところがポイントです。

<その他の方法>

これ以外にも、猫背矯正バンドを使って矯正させる方法もあります。しかし、この方法で矯正をした場合、矯正バンドがなければ猫背になってしまう。という人もいます。なので、過度に使いすぎないように注意が必要です。

肌に必要な栄養成分を補う

表情筋を鍛える必要があるとお話ししましたが、それと同時に必要なのは、健康なお肌を作る材料です。3大美容成分といわれる、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンですね。この3つがそろうことで、肌の細胞が元気になるでしょう。普段の生活では不足していることも多いので、食事ではなく、コラーゲンサプリで補ってあげましょう。

これまで、コラーゲンサプリはとっても意味がないと言われてきましたが、最近の研究ではそうではないことが分かってきました。京都府立大学大学院の佐藤健司教授によると、血中のコラーゲンは、ペプチドになり体内に吸収される。確かにコラーゲンとして直接の働きはしないが、ペプチドの中にあるコラーゲンペプチドがコラーゲンの役割をする可能性があると言われています。まだ研究段階ではありますが、定説を覆す研究として注目されているので、今後、コラーゲンサプリを積極的に摂取するように進める日がくるかもしれません。サプリが全く効果がないというのは誤りなので、間違った情報に振り回されないようにしましょう。

新常識!コラーゲンだけでは不充分?あわせて摂りたい美容成分 お手軽度は?効果は?人気のコラーゲンサプリを飲んでみました!
新常識!コラーゲンだけでは不充分?あわせて摂りたい美容成分 お手軽度は?効果は?人気のコラーゲンサプリを飲んでみました!
新常識!コラーゲンだけでは不充分?あわせて摂りたい美容成分

お手軽度は?効果は?
人気のコラーゲンサプリを
飲んでみました!

タイプ別
人気のコラーゲンサプリ集

コラーゲンサプリの
知っておきたい基礎知識

新常識!サプリで
摂りたい3大美容成分

今日からできる!
見た目が若い人になるにはここをケア

Copyright (C)【最新版】コラーゲンサプリ大図鑑|指名買いベストサプリはコレ! All Rights Reserved.