新常識!コラーゲンだけでは不充分?あわせて摂りたい美容成分
コラーゲンサプリ大図鑑 » 新常識!サプリで摂りたい3大美容成分 » コラーゲン

コラーゲン

コラーゲンの働きをよりよくさせるには、1日あたりに必要な量を不足しないように補うことが大切。ここでは、コラーゲンの摂取量やどのような食事で摂取が可能かについて紹介していきます。コラーゲンの効果を発揮させるために、重要な成分もあるのでぜひ、参考にしてくださいね。

コラーゲンの1日の推奨摂取量はどれくらい?

1日に2.5g~5gが1日に推奨されている摂取量です。食品の場合は、コラーゲンを含む食事を250gから500g食べて、初めて達成することができる量です。これを毎日続ける、1日に必要な量を毎日補おうと思うと、意外と大変なことがわかります。

コラーゲンを摂取できる食事は?

コラーゲンは皮に含まれている成分です。

そのため、手羽先、豚足、ふかひれというような皮を食べることができる食事に多く含まれています。食事で補う場合は、食事の選択の幅がかなり限られてしまいます。またコラーゲンが多く含まれる食材の皮の部分というのはカロリーが非常に高く、摂取しすぎてしまうと体脂肪の増加を促し、コラーゲンを摂取する以前にまた別の問題が起こってしまいます。では、一体どうしたらよいのでしょうか。そこでおすすめな方法がサプリを飲用するということ。

食事よりも手軽に摂り続けることができる「サプリ」

コラーゲンを摂るためだけに皮の食品を食べ続けるのも大変…。またコラーゲンを含んでいる食品はそれほど多くないので、食事で毎日摂取するとなると味に飽きてしまう可能性もあります。そこでおすすめなのが、食事より誰でも簡単に継続できるのがサプリなのです。

人気のコラーゲンサプリの
配合成分比較表をチェック

中でもおすすめは「エラスチン配合のコラーゲンサプリ」

健康な真皮層のイメージ図

引用元:E&Cヘルスケア(http://eandc-hc.com/elastin/elastin_4/)

コラーゲンをサプリで摂取するときに、ぜひ確認してもらいたいのがエラスチンが配合されているかどうかという点。実はあまり知られていないこのエラスチンですが、コラーゲンの働きをより発揮させるために重要な存在なのです。

エラスチンが不足すると、コラーゲンを支えきれず、組織が崩れてしまいます。これが、お肌のたるみやしわの大きさの原因と言われています。エラスチンがしっかりと補えていればコラーゲンを支えることができるのでお肌にハリや弾力が生まれます。

エラスチン配合量の多い
サプリをチェック

コラーゲンQ&A

Q:コラーゲンって何?

コラーゲンはタンパク質のひとつ。炭水化物、脂質とともに、三大栄養素のひとつでもあり、皮膚や血管、骨、靭帯、軟骨など…人間を構成するのに欠かせない成分です。膠原繊維とされており、人体の細胞同士を接着するような役割があります。

コラーゲンはたんぱく質として、体内では3分の1を占めています。このコラーゲンを生成する力は年齢とともに低くなり、減ってしまうと言われています。コラーゲンと聞くと、顔などの皮膚を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

実は、このコラーゲン、肌のみならず、体全体のさまざまな部分に存在しています。

以下の日本人女性の場合、体内のコラーゲンは約3kgにもなるのだとか。コラーゲンは骨や血液のなかにも多く含まれていて、高齢の方がなりやすい骨粗しょう症は、カルシウム不足だけでなく、体内のコラーゲンが減少していることが要因とも言われています。

Q:コラーゲン不足はどこで気づくことができる?

皮膚に多く含まれている成分なので、皮膚のかさつきやしわ、しみ、たるみといった変化が気になるようになったら、コラーゲン不足の可能性が高いです。

また、爪が割れやすい、髪の毛が痛んでいるというときも同様です。また、コラーゲンの量は加齢とともに減少します。

Q:コラーゲンってどんな効果があるの?

コラーゲンを摂取すると、体内に不足していたコラーゲンが補われることで、全身の若返りが感じられます。アンチエイジング効果ですね。コラーゲンは20代のうちから不足していくため、若々しくいるためにはコラーゲンを毎日継続して摂取する必要があります。

Q:飲み始めてどれぐらいで効果が出るの?

コラーゲンの品質にもよりますが、天然の海洋性コラーゲンであれば、1ヵ月以内で実感できる効果があるでしょう。

Q:コラーゲンはどのぐらいの頻度で摂取するものなの?

上記の「飲み始めてどれぐらいで効果が出るの?」でも話しましたが、天然の海洋性コラーゲンであれば、個人差はありますが1ヵ月以内で効果が期待できると思います。しかしそれは説明書通りにコラーゲンサプリを飲んでいることが前提です。また毎日規定量を持続して飲むことが重要です。日にちが空いたり不規則に飲むと効果はありません。ということで「規定量を毎日」ということを厳守してください。

Q:サプリメントを飲むタイミングってあるの?

サプリメントには、飲むのにベストなタイミングというものが存在します。まずサプリメントというのも、みなさんが普段口にしている食事となんら変わりはありません。そこで食事の栄養を吸収しやすい、いわゆる太りやすい食事の摂取タイミングから考えて見てください。

寝る前

寝る前にお菓子やラーメンなどを口にしてから寝てしまうと、太りやすいと誰もが聞いたことがあるのではないでしょうか?これはまさしくその通りで、人間は寝ている間に栄養素を摂取しやすくなるのです。

そこでそれを利用して、サプリメントを寝る前に摂取することで吸収率を高めます。また寝るタイミングとして、22時から午後2時の間は確実に眠っているようにします。この時間は人間の成長ホルモンの動きが活動的になる時間帯なので、さらに吸収率を高めることができます。

新陳代謝を良くしてから

新陳代謝を良くすると、体内積極的に栄養素を吸収しようとするので太りやすいタイミングを迎え、サプリメントについても飲むベストなタイミングとなります。よくジムなどで筋トレを行なった人が、終了してから30分の間にプロテインを積極的に摂取している光景が見られます。あれは筋トレで新陳代謝が良くなっている状況を強制的に作り出し、プロテインに含まれるたんぱく質の吸収率を上げるための行動なのです。

これがサプリメント摂取の状況にも同じことが言えて、筋トレ・お風呂・ジョギングなどなんでも良いので、サプリメント摂取前に新陳代謝を上げておいてから摂取することで、コラーゲンの吸収率を高めます。

以上が摂取するタイミングとなりますが、総合すると寝る直前にお風呂や運動で代謝を上げておいてから摂取するということを守っておけば吸収率が高いサプリメント摂取を行えるということになります。

Q:安全なコラーゲンを手に入れる方法とは?

生産履歴があるか、素材が天然か、それを見極めなくてはいけません。安全なコラーゲンは、パッケージにちゃんと生産履歴や素材が明記されていますので、自分の目できちんと確認してから飲用するようにしましょう。

コラーゲンといっても鶏皮・豚足・フカヒレなどの食材から採れることから分かるとおり、天然由来のものから抽出しているものなので動物性や海洋性などに分類されます。この知識や確認をしないままサプリメントを飲んでしまうと、アレルギーがある方はアレルギー反応が出てしまい、お肌を気にする以前の問題になってしまいます。その観点から安全性について考えながら摂取していきましょう。

Q:コラーゲンはビタミンCで吸収が良くなるってほんと?

ビタミンCは身体を酸化させてしまう原因の活性酸素の発生を抑制してくれる働きがあります。身体が酸化してしまうということは老化現象につながり、結果的に肌をはじめ、身体が早く衰えてしまうことにつながります。そこでビタミンCまたは、同じ効果が期待できるビタミンEを積極的に摂取していくことで、老化を遅らせることが期待できます。しかしビタミンCは体内でコラーゲンを合成するときに必要ですが、吸収率と関係はありません。あくまで身体の酸化を抑えるものであって、コラーゲンの吸収率を高くするものではありません。

コラーゲンと一緒に摂取してほしいのは「エラスチン」

それよりも、コラーゲンと一緒に摂取して欲しい成分は、コラーゲンの働きをより発揮させるエラスチンです。真皮の線維成分としてコラーゲンは7割以上を占めていますが、エラスチンは1割以下、数%しか含まれていないと言われています。けれど、このわずかな量のエラスチンには、バネのような伸縮性や弾性があり、皮膚の弾力やハリに重要な働きをしています。

エラスチンの効果の詳細

エラスチンには、「バネのような伸縮性や弾性があり、皮膚の弾力やハリに重要な働きをする」ということを前項で話しましたが詳しい効果は以下の通りです。

上記のようにエラスチンの摂取により、皮膚に弾力が生まれそれにプラスして保湿効果も高まります。このような肌質になると、体内に存在するコラーゲンをキャッチして結合しやすくなるので皮膚の潤いを保つことができるのです。反対にエラスチンが不足していると、肌に弾力がなくなり保湿力もなくなってしまうので肌が垂れ下がり、老けた印象になってしまうのです。

コラーゲンとエラスチン摂取からのヒアルロン酸摂取

ヒアルロン酸を摂取するには?

コラーゲンとエラスチン以外にも肌に良いとされているものがありますが、みなさんは何だかわかりますか?そうです皆さんもご存知のヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は薬局なんかに売っている一般的な化粧水や乳液に多く含まれ、保湿効果が高いとされています。確かにヒアルロン酸は皮膚に水分を補充する役割があり、保湿力は非常に高いものです。

しかし化粧水や乳液でヒアルロン酸を補充したところで皮膚は体内までの層が非常に多く、外からのアプローチでは体内にヒアルロン酸を届けることは難しいのです。ということは化粧水や乳液ではヒアルロン酸を補充することが難しいということになります。

サプリメントからの摂取

ヒアルロン酸の補充は体外から難しいことが分かってもらえたと思いますが、それならば体内からアプローチしていけば良いのです。

そうですコラーゲンと同じようにサプリメントで摂取していけば体内からの補充ができます。しかしこれもまた一つ問題が。コラーゲンが皮膚に摂取される道のりです。

まずサプリメントで補充すると胃に吸収され、様々なところを巡り巡って皮膚に到達することになってしまいます。ということは体外からのアプローチ方法と同じようにヒアルロン酸の補充が難しくなってしまいます。

そこでヒアルロン酸サプリメントの選び方が重要になるのです。ヒアルロン酸サプリメントというのは商品により分子レベルが異なります。この分子レベルこそが体内へ吸収されるためには重要なのです。
まず通常のヒアルロン酸の分子レベルだと、体内に取り込んだ段階で大きすぎて胃にそのまま吸収され体外に排出されてしまいます。

ではどうすれば良いのか?それはその流れにさせないため、ヒアルロン酸の分子レベルを小さく改良した、サプリメントを摂取していけば良いのです。

分子のレベルが細かくなると体というのは栄養素を吸収しやすくなるため、胃に流れ着く前に体内に摂取できることになります。それを踏まえ、サプリメントを選ぶ際はこの項目に注意しておかないと、意味のない摂取となってしまいます。

直接アプローチする
現実的に体外からも体内からもヒアルロン酸の摂取というのはあくまで間接的なもので、全てを取り込むというのは難しいものになってしまいます。

そこで直接的にアプローチするという方法もあるので紹介をしておきます。

それは気になり患部直接ヒアルロン酸を注入する方法です。

ヒアルロン酸は直接届けるのは美容整形外科での注射がオススメです。

注射ならばどこを経由することもなく直接皮膚に届きます。直接届けることができるので、即効性もあり効果も3ヶ月ほど続きます。

しかしこれにも難点があって定期的に注入し続けないと効果がなくなってしまうことや、ピンポイントで注射を行うので広い範囲のヒアルロン酸注入は難しいのです。あくまで強制的に皮膚内のヒアルロン酸を増やすという方法なので、顔のパーツの「ほうれい線が気になる」「おでこのシワが気になる」「アゴのたるみが気になる」などピンポイントで悩みがある人に向いている方法と言えます。

どのみちヒアルロン酸というのはコラーゲンとエラスチンが補充されて初めて効果があるものなので、まずはそちらの摂取が重要になります。

3大美容成分、ほかの2つの成分を知ろう!

ヒアルロン酸について詳しく

話題の注目成分!エラスチンについて詳しく

新常識!コラーゲンだけでは不充分?あわせて摂りたい美容成分 お手軽度は?効果は?人気のコラーゲンサプリを飲んでみました!
新常識!コラーゲンだけでは不充分?あわせて摂りたい美容成分 お手軽度は?効果は?人気のコラーゲンサプリを飲んでみました!
新常識!コラーゲンだけでは不充分?あわせて摂りたい美容成分

お手軽度は?効果は?
人気のコラーゲンサプリを
飲んでみました!

タイプ別
人気のコラーゲンサプリ集

コラーゲンサプリの
知っておきたい基礎知識

新常識!サプリで
摂りたい3大美容成分

今日からできる!
見た目が若い人になるにはここをケア

Copyright (C)【最新版】コラーゲンサプリ大図鑑|指名買いベストサプリはコレ! All Rights Reserved.