新常識!コラーゲンだけでは不充分?あわせて摂りたい美容成分
コラーゲンサプリ大図鑑 » コラーゲンサプリの知っておきたい基礎知識 » コラーゲンサプリの効率的な摂り方

コラーゲンサプリの効率的な摂り方

コラーゲンサプリを飲むなら、より効率よく、体に効果が期待できるような飲み方をしたいですよね。効率的な摂り方や摂取のタイミングをご紹介します。

コラーゲンサプリってなに?

お肌に良いとされているコラーゲンですが、そもそもどういったものなのでしょうか?

コラーゲンとはタンパク質の一種で主に皮膚や骨などを構成するのに必要不可欠なものなのです。

皮膚を構成するのに必要不可欠なわけですから、肌に良いというのは、紛れもない事実なのです。

そのコラーゲンを効率良く背摂取してもらうために、粒や粉状、ゼリー状にしたものがコラーゲンサプリと呼ばれているものなのです。

現在は、薬局なんかを覗いてみると様々なコラーゲンサプリが販売されています。

参考文献

効率の良いタイミング・効果を感じられる飲み方とは?

1:毎日継続する

コラーゲンは即効性があるとはいえ、数日ではそれほど高い効果は期待できません。毎日続けることが、効果を感じるための飲み方の基本です。

薬や漢方のように味に癖がないので、その点では問題はないと思います。しかし、ダイエットなどで効果が出ないと直ぐにやめてしまう人や、飽きっぽい人は長続きしないと思います。食事やお風呂と同じように毎日絶対に行うことのなかにコラーゲンサプリを飲む流れを作り、忘れないように心がけましょう。

2:寝る1時間前がベストなタイミング

コラーゲンサプリを飲むベストなタイミングは、眠る1時間前です。ただし、大事なのは眠る時間ですね。22時から2時は、成長ホルモンがたくさん分泌されるので、その間はできるだけ眠っている状態が理想的。コラーゲンの血中濃度を高めておけば、より効果が期待できます

3:紫外線はできるだけ浴びない

サプリの効果をよりあげるために普段できることとしては、紫外線をあびないこと。紫外線は肌老化の最大の原因です。ほんのわずかな時間を浴びただけでも、知らないうちに肌が炎症してしまいます。なるべく紫外線を浴びないような生活を心がけるといいですね。

4:たんぱく質を多めに摂取する

コラーゲンサプリと同時に、たんぱく質は多めに摂取しましょう。たんぱく質の一種であるコラーゲンの生成が活性化するためには、たんぱく質に含まれているアミノ酸が必要です。脂肪分は控えめに、質のいいたんぱく質を摂取しましょう。ささみや赤身のお肉に、魚、大豆など…いろいろなたんぱく質が摂取できるといいですね。

5:入浴後や運動後、マッサージ後

体というのは新陳代謝が良くなると、栄養素を取り込みやすくなります。

そのため、トレーニングをよくする人は、運動直後に高タンパクなプロテインを摂取して筋肉に栄養を行き渡らせるようにしています。

逆に太りやすい人は運動直後にラーメンとチャーハンセットのような炭水化物が多いものを摂取してしまう傾向があるので当然、太りやすくなってしまいます。

それを踏まえて、ここではそんな新陳代謝を利用するために、入浴後や運動後など体の代謝が良くなっている間にコラーゲンサプリを摂取してしまうのです。

上記2の項目の「寝る1時間前22時から2時」の間は確実に睡眠がとれているという条件を守り、ジョギングをしてから入浴をして、軽くセルフマッサージした後にコラーゲンサプリを飲んで就寝するという流れを作っておけば、ベストな状態で体内にコラーゲンを取り込めます。

6:活性酸素の発生を抑える

活性酸素というのは簡単に説明すると、体内に入った菌やウイルスを除去してくれる働きを持つものです。

一見、良いものと思いがちですが、これが体内で大量に発生してしまうと細胞に負担がかかり、体が酸化してしまいます。

酸化というのは鉄でいうと錆びが出てしまう状態で、食物で例えると腐っている状態をさします。

ということは人間の体でそれが起こると、老化が始まってしまうというわけです。 当然、活性酸素が多い状態でコラーゲンサプリを飲んでいても効果は薄れてしまいます。

そこで活性酸素の量を抑えるために生活習慣を改善していきます。

まずタバコやお酒はなるべく避けるようにすること。

大量に摂取してしまうと、活性酸素の動きが活発になってしまいます。

次が睡眠とバランスの良い食事を心がけること。

睡眠時間の縮小やファストフードの摂取しすぎは、活性酸素を誘発します。

その他にも3の項目で紹介した、紫外線は皮膚がダメージを受けるので活性酸素が増えますし、体に良かれと思って行うハード過ぎる運動も活性酸素が溜まりやすくなるので、適度な運動にかえてください。

活性酸素発生の予防方法としてはビタミンCやビタミンEなどの抗酸化作用のあるものを積極的に摂取すること。

抗酸化作用とは体の酸化を防いでくれる非常に体には良いもので、活性酸素を減少させる役割があります。

食事中でも食事以外でもこれらはサプリメントで、効率良く摂取できます。

効果をもっと感じたいなら…「エラスチン」がおすすめ

コラーゲンサプリを飲んでみたけど、あまり今まで効果が感じられなかった…という人におすすめしたいのが、「エラスチン」です。

肌の真皮層では、エラスチンがコラーゲン同士をつないでくれる重要な役割をしています。そのため、エラスチンを一緒に摂取することで、美肌効果を高めることができます。エラスチンはブタの血管、マグロやカツオの心臓などにしか含まれておらず、日常的に口にする食材からは補うことが難しい成分です。残念ながらエラスチンは年を重ねるごとに体内から減少してしまいます。

そのため、コラーゲンサプリの中にエラスチンが配合されているものを選んで、一緒に摂取することをおすすめします。

エラスチンとは?

エラスチンですがこちらもコラーゲンと同じくタンパク質の一種で、上記で説明した通り体内に無数にあるコラーゲンをジョイントしておくために必要不可欠なものなのです。

コラーゲンよりは皮膚を構成するのに多く使われてはいませんが、靭帯や動脈といった体に重要な部分の多くは、エラスチンから形成されています。

その弾力のあり、収縮しやすい形状が皮膚にとっても重要な部分なのです。

エラスチンの効果

皮膚に対してのエラスチンの役割は、皮膚に弾力をつけることと皮膚を保湿することになります。

もしエラスチンが不足してしまうと、皮膚の弾力はなくなり皮膚が垂れ下がってしまいます。

またコラーゲンをつなぎとめることができなくなるので、肌ツヤもどんどん落ちてきてしまいます。

そこでそうならないためにも毎日の摂取が必要なのです。

さらに効果を高めたいのならば…
「ヒアルロン酸」も摂取しておきたい

ヒアルロン酸の役目

まず、ヒアルロン酸とは水風船のような形状をしていると想像しておいてください。

その水風船は細胞間に入り込み、皮膚の水分を送る役割を持っています。

ヒアルロン酸が体内に多く水分を送る水風船が増えれば、肌の水分は高水準で保たれ、潤いのある肌質になります。

また体の関節の緩衝材の役割や、目玉を何かしらの外傷から守り変形しないように保つのもヒアルロン酸の役目になります。

ヒアルロン酸には体の潤いを保つ役割と、守る役割があるのです。

ヒアルロン酸の働き

上記ではコラーゲンとエラスチンの重要性を話していきましたが、ヒアルロン酸が減少していては、これらの効果は皆無になります。

コラーゲンはエラスチンとジョイントして細胞を形成していましが、栄養をもらうとなると水分として細胞間に存在しているヒアルロン酸からもらうこととなります。

ということはこのヒアルロン酸が減少してしまうと、栄養不足になり皮膚は乾燥してしまい、シワやたるみが引き起こります。

ヒアルロン酸は皮膚に水分を送り込むタンクのような役割を持っているのです。

ヒアルロン酸摂取の難しさ

ヒアルロン酸といえば化粧水や乳液に配合されていて現在、ヒアルロン酸が配合された商品を無数に存在します。

ということは誰でも簡単に摂取できそうと思いがちですが、残念ながら大半の商品を使用しても、効果は薄いといっていいでしょう。

皮膚細胞の奥にあるヒアルロン酸には、化粧水や乳液で皮膚上から間接的に、ヒアルロン酸を塗っても皮膚の層が厚いので届きにくいのです。

そこで今度は、食事から摂取して内部から届けようと考えていくと確かにヒアルロン酸を多く含んだ食材は沢山ありますが、消化の間に様々な段階を踏むので、ヒアルロン酸を皮膚へ直接大量に届けることはできません。

ではヒアルロン酸を摂取することはできないのでしょうか?

サプリメントからの摂取

ヒアルロン酸が摂取できない原因は、胃の中で分解されてしまうという面もありますが、分子が大きいところに原因があります。

分子が大きいと、体が吸収しきれずにヒアルロン酸自体が無駄になってしまいます。

そこでその分子の大きさを改良して、分子を小さくしたサプリメントから摂取を行いましょう。

分子が小さければ体もヒアルロン酸を吸収しやすいので、十分にヒアルロン酸を摂取できて皮膚に水分量を保つことができます。

3つで1セットが効果的

結果的にコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の3つは1セットと考え同じように摂取していくのが、効果を実感する近道なのではないでしょうか?

皮膚を構成するのに必要なコラーゲンとコラーゲンをジョイントするのに必要なエラスチン、その2つに水分を与えて潤いを保つのがヒアルロン酸。

これらどれか一つでも抜けてしまったら皮膚バランスを崩し、乾燥・シワ・たるみの原因となってしまいます。

年齢を増すにあたり、これら3つは体内から減少してしまうものですが、効率良く摂取できれば、それを抑えることができます。

エラスチン配合量の多い
サプリをチェック

新常識!コラーゲンだけでは不充分?あわせて摂りたい美容成分 お手軽度は?効果は?人気のコラーゲンサプリを飲んでみました!
新常識!コラーゲンだけでは不充分?あわせて摂りたい美容成分 お手軽度は?効果は?人気のコラーゲンサプリを飲んでみました!
新常識!コラーゲンだけでは不充分?あわせて摂りたい美容成分

お手軽度は?効果は?
人気のコラーゲンサプリを
飲んでみました!

タイプ別
人気のコラーゲンサプリ集

コラーゲンサプリの
知っておきたい基礎知識

新常識!サプリで
摂りたい3大美容成分

今日からできる!
見た目が若い人になるにはここをケア

Copyright (C)最新版!コラーゲンサプリ大図鑑 -指名買いベストサプリはコレ- All Rights Reserved.