新常識!コラーゲンだけでは不充分?あわせて摂りたい美容成分
コラーゲンサプリ大図鑑 » コラーゲンサプリの知っておきたい基礎知識 » コラーゲンサプリを摂りすぎるとどうなるの?

コラーゲンサプリを摂りすぎるとどうなるの?

コラーゲンといえば、美容のために欠かせない成分の一つです。しかし、たくさん摂れば摂るほど美容効果が記載できるのか?というとそうではありません。過剰摂取してしまった場合には副作用が心配されることもあるので、摂取量についてはしっかりと考えていきたいですよね。

そこで、コラーゲンを取り入れる際の理想的な摂取や、過剰摂取を避けるためにはどれくらいまでに抑えておいたほうが良いのか、心配される副作用は?などについてまとめました。安全にコラーゲンサプリを取り入れていくためにも、ぜひとも参考にしてみてくださいね。

コラーゲンの適切な摂取量とは?

気になる摂取量についてですが、実ははっきりと定められていないのです。だからこそ注意が必要ともいえるのですが、人間の体内では若い時はたくさんのコラーゲンがあるものの、年を重ねるにつれて徐々に減少する特徴を持っています。

そのため、体内に十分な量のコラーゲンが満ち足りているときに、大量のコラーゲンを摂取すると取り過ぎに繋がる恐れも高くなりますし、反対に体内のコラーゲン量が少ない年代であれば多少取り過ぎても過剰摂取には繋がりにくいといえます。

加齢で少なくなっていくものなので、年齢に合った量を取り入れてみましょう。

コラーゲンの摂取目安

明確に定められたものはないといっても、一つの目安のようなものはあります。

それが、成人男性・女性ともに一日5~10g(5,000~10,000mg)というもの。成分によっては、妊娠中は多く摂ったほうが良いものもありますが、コラーゲンの場合はそういったものもありません。

更に詳しく解説していきましょう。

サプリメントでコラーゲンを取り入れることも大切なのですが、基本的には食事からコラーゲンを摂取し、足りない分をサプリメントで補うのが理想的です。では、食事からどの程度のコラーゲンを摂取すれば良いのか?が気になりますよね。

これについてはコラーゲンを摂取して、骨に対する作用や関節に対する作用、皮膚への効果など様々な影響を調べた実験があります。

その研究データによると、食事由来のコラーゲンとは別に一日当たり日5~10gを摂取した場合に有意な変化がみられたとのこと。ここから考えて、5~10gを一つの目安として取り入れてみてくださいね。

コラーゲン自体は様々な食品に含まれているため、私たちにとって非常に身近な成分だといえるでしょう。そのため、毎日ただ普通に食事をしているだけでも、多少は取り入れることができています。

不足しがちな分についてはしっかりとサプリメントから取り入れましょう。

参考:(PDF)〔皮革科学 Vol.56,No.2,pp.71~79(2010)〕:天然素材コラーゲンの機能性[PDF]

コラーゲンとは

そもそも、コラーゲンとは一体何なのでしょうか。「コラーゲンが不足するとお肌のハリがなくなる」など、美容面での重要性が広く知られていますよね。

化粧品だけでなく、食品や医療用品などでも使われている非常に優秀なものです。例えば、お菓子作りの分野で使われることが多いゼラチンもコラーゲンの一種であることから、とても身近な成分であることがわかります。

ここでは、コラーゲンの持っている働きなどについて詳しくご紹介しましょう。

コラーゲンとは、私たちの体の中で皮や骨・軟骨、目や歯、臓器、血管壁といった実に様々なところに存在しているタンパク質です。3本のペプチド鎖と呼ばれるものがねじれることにより、とても強い繊維を作っています。

こういった状態は、顕微鏡でなければ確認できないのですが、人間の体の中では接着剤のような役割を果たしていて、身体の中でたくさんの細胞を支えているのです。

細胞の中には細胞として働くためにコラーゲンに接着しなければならないものもあります。また、コラーゲン同士が接着する働きもあるため、不足した場合にはコラーゲン同士、または細胞の接着が行えなくなってしまうのです。

コラーゲンの種類

一口にコラーゲンといっても、遺伝子レベルでは20種類程度のコラーゲンが存在しています。どの部位に存在するのかによってもその特徴は異なるのですが、特に多いのが「I型」と呼ばれるコラーゲンです。

I型コラーゲンは全コラーゲンの中でも約80%を占めていて、身体の中で様々な働きをしています。分子量は30万、直径は約約1.55nm、長さは約300nmと非常に長い分子です。

コラーゲンの働き

コラーゲンは、10代のうちは体内にもたくさん存在しているのですが、25歳を過ぎた頃から徐々に柔軟性や弾力性が失われてしまいます。これが肌の老化を招く大きな原因だといえるでしょう。

コラーゲンは細胞同士を支える重要な役割を持っています。そのため、コラーゲンが老化してしまうと細胞の足場ともいえるものが変化し、細胞活動に影響をもたらしてしまうとも考えられているのです。

参考:(PDF)北海道大学大学院農学研究科技術部研究・技術報告, 11: 4-7:副生物利用 : コラーゲンの利用例[PDF]

私たちの生活の中で取り入れることが多いのは、「コラーゲンペプチド」と呼ばれるものとなります。これは、コラーゲンを加熱変性させて抽出し、タンパク質解酵素によって更に加水分解させたもののこと。

これらがただ単に「コラーゲン」といった名称で健康補助食品や美容関連商品に使われていることが多いのです。冷水にも溶けるので、冷たい飲み物にも配合できるのが特徴だといえるでしょう。

コラーゲンペプチドは食品や化粧品、健康補助食品のほか、医薬品で使われることもあります。その効果としては様々なものがあるので、一例についてご紹介しましょう。

まず、マウスの餌にゼラチンを取り入れたものとそうでないものを取り入れたところ、ゼラチンを混ぜたもののほうが、骨密度が有意に高くなったという研究があります。

他にも、

など。健康と美容にとってたくさんの魅力を持っているといえるでしょう。

参考:(PDF)〔皮革科学 Vol.56,No.2,pp.71~79(2010)〕:天然素材コラーゲンの機能性[PDF]

コラーゲンサプリを摂取しすぎたときに起こる、副作用

コラーゲンは、一度にたくさん摂取したからといってその分、高い効果が期待できるわけではありません。例えば、「ほうれい線を何とかしたい」といった美容目的でコラーゲンを選択し、大量に摂取したとしても翌日にほうれい線が消えるような高い効果は期待できないのです。

摂取しすぎてしまった場合に具体的にどのような影響を与えるのかについてはまだまだ研究段階ともいえるので、美容・健康に良い成分だからといって、必要以上に摂取しないように注意していきましょう。

それよりも毎日継続して取り入れたほうが効果的とされているので、いかにたくさん摂るか?よりも、どのように継続するのか?について考えてみるのがおすすめです。サプリメントでコラーゲンを摂取する際にはコラーゲン以外にも含まれている成分があるので、取り過ぎるとその他の成分で過剰摂取になる恐れもあります。

コラーゲンの過剰摂取により考えられる症状

コラーゲンの過剰摂取をしたからといって、大きな副作用が起きる心配はないとされています。というのも、コラーゲンはもともと人間の体の中にある成分ということもあり、体内に入ってきたとしても拒否反応のようなものが起きるリスクは低いからです。

その一方で、コラーゲンを過剰摂取すると消化器や肝機能の低下を招いたり、便秘、肌荒れの原因になる可能性が指摘されています。また、サプリメントに含まれているコラーゲンは何由来のものなのか?についてもしっかり確認しておきましょう。

例えば、魚アレルギーの人が魚由来のマリンコラーゲンを摂取した場合にはアレルギー反応を起こしてしまう可能性もあるからです。確かに安全性が高い成分ではあるものの、100%副作用が起こらないと考えないようにしましょう。

多少摂取しすぎだとしても不要な分は体外へ排出されるのですが、排出が追いつかないほど、たくさんのコラーゲンを継続して取り入れていった場合には副作用のリスクも高くなります。

特に注意が必要なのは肝臓への影響

肝臓は、分解したタンパク質を再合成する役割を持っています。つまり、大量にコラーゲンを取り入れると肝臓が酷使され、疲れてしまう恐れがあるということ。

肝臓には他にも栄養素の分解や合成といった非常に重要な役割があるため、肝臓が疲れてこれらがうまくできなくなると様々な健康被害の恐れがあります。

過剰摂取を続けていると肝機能障害に繋がってしまう可能性もあるため、このあたりは十分に注意しておきたいですね。

過剰摂取による症状が起こりやすいケース

アレルギーを持っている人は特に注意しておかなければならないのですが、他にも体調不良時には福作用の症状を感じやすくなるので、気をつけておかなければなりません。これはコラーゲンに限ったことではなく、健康に良いとされている栄養素のサプリメントを取り入れる際でも同じことがいえます。

他にも、薬を飲んでいる方は飲み合わせにも注意しておきましょう。

コラーゲンの栄養成分

コラーゲンの働きについてご紹介してきましたが、コラーゲンは、何によって作られているのでしょうか。タンパク質とご紹介しましたが、そもそもタンパク質等はどういったものなのかよくわからない人もいるはず。

タンパク質といえば、私たちが普段よく口にするものだと、肉や魚、卵などに含まれている栄養素であり、脂質・炭水化物と並ぶ三大栄養素の一つです。人間の体を作る上でもタンパク質は欠かせない役割を持っているのですが、そのうちの約30%がコラーゲンでもあります。

ここからも、人間にとっていかにコラーゲンが重要な成分なのか見えてくるでしょう。

コラーゲンの栄養価

コラーゲン自体の栄養価は?というと、こちらは実は高くありません。むしろ低いともいえるので、栄養素を取り入れる目的でコラーゲンを摂取する必要は特にないのです。

ただ、美容のためにコラーゲンを摂取している人が多いことからもわかる通り、コラーゲンが不足するとシワやたるみができやすくなってしまうため、こういったものを防ぐ目的でもしっかりとコラーゲンを取り入れていきましょう。

また、コラーゲンは細胞の組織とも深く関わっているため、不足した場合には体内の様々な組織がもろくなってしまう心配もあります。

私たちの体の中でも生み出すことができる成分ではありますが、コラーゲンの生成にはビタミンCが深く関わっていてビタミンCが不足するとうまくコラーゲンを作れなくなってしまうので、普段の食生活の中ではコラーゲンを含んだものだけでなく、ビタミンCもしっかり取り入れていきましょう。

食品成分としてのコラーゲン

普段、私は口にするものの中にもコラーゲンを含んだものが多数あります。これは、コラーゲンが動物の体内に多く存在しているタンパク質だからです。

人間は昔から狩猟を行い、これは弦を含んだタンパク質を摂取してきました。そのため、何も意識せずとも当然のようにコラーゲンを食べてきたわけです。

ただ、栄養を摂取するといった目的でコラーゲンを取り入れるべきか?というとこのあたりについては盛んに研究が行われているとはいえません。

この大きな理由ともいえるのが、アミノ酸バランスの問題です。アミノ酸バランスとは、アミノ酸スコアとも呼ばれるもので、体内で生成することができない必須アミノ酸がどれくらい含まれているのか?によって判断されます。

数値が100に近ければ理想的とされているのですが、コラーゲンには必須アミノ酸の一つであるトリプトファンが含まれておらず、アミノ酸バランスが良いとはいえません。食事でコラーゲンを積極的に取り入れていたとしても、必要な栄養素のほとんどをまかなうことはできないわけです。

といっても、普段の食生活の中でコラーゲンだけを取り入れていくのは不可能なので、コラーゲンが含まれる食材を食べれば同時にタンパク質やその他の栄養素も摂取していくことになります。コラーゲンだけでは必須アミノ酸が不足しているため完璧な成分とは言えないものの、積極的に取り入れていきたいですね。

また、近年はコラーゲンが持っている栄養成分としての機能性についても研究が行われており、注目されています。こちらも今後に期待したいところです。

参考:(PDF)〔皮革科学 Vol.56,No.2,pp.71~79(2010)〕:天然素材コラーゲンの機能性[PDF]

コラーゲンとアミノ酸の関係性

コラーゲンとアミノ酸には深い関係があります。アミノ酸は非常に種類が多いのですが、生命の源とまで言われているものです。

これは、アミノ酸にタンパク質を合成する役割があるからだといえるでしょう。私たちの体を作っているアミノ酸は、バリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、アルギニンなど全部で20種類あるのですが、このうち他のアミノ酸を活用して体内で合成して不足を補えるものが非必須アミノ酸、合成できずに体外から取り入れなければならないものを必須アミノ酸と呼びます。

では、このアミノ酸とコラーゲンとの関係はどこにあるのでしょうか。先述しているように、コラーゲンは、タンパク質の一種です。詳しくは「線維性タンパク質」と呼ばれるものの一つなのですが、たくさんの分子が合わさることによってコラーゲン線維が作られます。

そしてこのコラーゲン分子は、アミノ酸が約1,000個結合することによって作られているのです。

中でも「グリシン」と呼ばれるアミノ酸が約3分の1を占めていて、他にもプロニン、アラニン、ヒドロキシプロリンなどのアミノ酸も多く含まれています。

コラーゲンは3重らせん構造と呼ばれる特徴的なアミノ酸配列によって作られているのですが、その1つであるヒドロキシプロリンはコラーゲンに含まれている特徴的なアミノ酸ということもあり、他のたんぱく質にはない配列になるのが特徴です。

参考:(PDF)〔皮革科学 Vol.56,No.2,pp.71~79(2010)〕:http://www.jilr.or.jp/research/pdf/tennensozaicollagen.pdf[PDF]

医薬品と健康食品の違い

健康のために健康食品を取り入れている人も多いでしょう。コラーゲンを含んだものも多数登場しています。ですが、その一方で医薬品と健康食品はどのような違いがあるのかわからず、悩んでいる人もいるかもしれません。

これらには大きな違いがあるのです。

大きな3つの違い

医薬品と健康食品では、大きく違う点が3つあります。

1つ目は、品質に関することです。医薬品は常に一定の品質を保っているのに対し、健康食品の場合は例え同じ食品を取り入れたとしても商品によって品質に小さな差が出てしまうことがあります。

2つ目は、効果に関すること。医薬品は病気の人を対象としていることから医師や薬剤師の管理下で利用しなければなりませんが、健康食品は日々の健康対策として取り入れるものなので利用するかどうかは消費者の自由です。

医薬品は不調の治療目的で使われることもあり、即効性も高く効果効能を標榜する事が許されていますが、健康食品はこういったことができません。日々の健康管理目的ならば健康食品、今すぐ何とかしたい不調に悩んでいるのならば医薬品を取り入れるべきということですね。

3つ目に副作用の問題が挙げられます。医薬品の中には副作用が心配されるものもありますが、健康食品の場合、扱いは「医学薬品」ではなく「食品」になるため、薬品でまれにみられるような大きな副作用は、ほとんど心配いらないのです。

その一方で、健康食品を取り入れて下痢や腹痛などの不調を感じたことがある人も少なくはないので、健康食品であれば絶対に副作用がないとは思わないほうが良いでしょう。

コラーゲンの摂取によってアレルギーを起こす可能性

「ゼラチンアレルギー」に要注意

コラーゲンのサプリは、一般的に副作用の心配がないと言われていますが、気をつけたいのがアレルギーです。

コラーゲンはさまざまな原料から抽出されますが、商品によって「ゼラチン」を含んでいるものがあります。

食品衛生法ではアレルギー物質を27品目挙げており、その中にゼラチンも含まれるため、ゼラチンにアレルギーがある人は製品に使用されている原料表示をきちんと確認した上で購入しましょう。

ちなみにゼラチンアレルギーとは、その名の通りゼラチンに反応するアレルギーのことで、ゼラチンが含まれるゼリーやプリンなどの食品を食べた後、蕁麻疹や嘔吐、呼吸困難などのアレルギー症状を起こします。

ゼラチンは食品だけでなくワクチンの防腐剤として使用されることもあり、口から摂取するもの以外でもアレルギー反応を起こしてしまうことから、近年問題となっているようです。

アレルギー反応はその人によってことなりますが、アナフィラキシーショックを起こすと死につながることもあるので、これまでにゼラチンの含まれた食品を食べて気分が悪くなるなどの症状を感じたことがある人は、コラーゲンのサプリに使用される原料を確認することはもちろんですが、アレルギー検査を受けることも検討しましょう。[1][2]

アレルゲンでなくてもアレルギーが起こる可能性はある

コラーゲンのサプリはゼラチンを含まないものも販売されていますし、アレルギー物質を含まないものもありますが、アレルゲンが含まれていないからといって絶対にアレルギー反応が起こらないとは限りません。

例えばピアスが代表的ですが、金属アレルギーを起こす人のために、チタンやシリコンなどの素材を使用したものが数多く作られています。

しかし、金属アレルギーがあるからといってこれらの素材を使用したピアスを使用しても、アレルギー反応を起こしてしまう人がいるのです。

人の体質は本当にそれぞれで、食材についてもアレルギー物質ではないのにアレルギー反応を起こしてしまうケースは多々あるため、これまでに何らかのアレルギーを起こしたことがある人、特にアナフィラキシーなど重度のアレルギーがある場合は、コラーゲンにおいてもアレルギー検査をした上での服用が望ましいかもしれません。

コラーゲンを摂りすぎるとニキビができる?

コラーゲンの摂取によるニキビの発生

先にもご紹介している通り、コラーゲンを抽出している原料にはさまざまなものがあります。

魚から抽出したコラーゲンもありますし、豚から抽出するコラーゲンもあり、特に豚由来のコラーゲンは摂りすぎるとニキビが発生してしまうことがあるそうです。

こちらもコラーゲンのサプリを摂取する上で考える副作用のひとつだといえます。

豚由来のコラーゲンには皮脂の分泌を増やしてしまう要素があるそうで、皮脂が過剰に分泌されることで毛穴が詰まりやすくなり、そこにアクネ菌が繁殖してニキビを引き起こしてしまいます。

豚由来のコラーゲンを摂取しただけで大量のニキビが発生してしまうことは少ないと思われますが、寝不足やストレス、食生活の乱れなど、ニキビができやすい要因と重なることで症状が悪化してしまう可能性があるため、注意が必要です。

もともと脂性肌の人は、豚由来のコラーゲンを摂取することによりニキビができやすくなるようですので、コラーゲンのサプリを摂取する際は原料を確認した上で購入するとよいでしょう。[4]

コラーゲンの摂取によるニキビへの対処法

思春期にできるニキビはコラーゲンの摂取と大きく関係しないようなので、大人ニキビができやすい人が摂取に注意する必要があります。

脂性肌の人、顎周りなどにニキビができやすい人は摂取を控えたほうがよさそうです。

ただし、コラーゲンは肌の新陳代謝を促す働きがあるといわれていますので、肌のターンオーバーが乱れていることによってニキビができている場合には、症状が改善される可能性もあります。

自分の大人ニキビ対策の原因がよくわからない場合は、やはり原料を確認してから摂取するか、少しずつ様子を見ながら摂取するようにしてみましょう。

また、肌が乾燥しているとニキビができやすくなりますので、コラーゲンのサプリを摂取している間は肌の保湿を意識することでニキビの発生を防ぐことができます。

そのほかストレスや不規則な生活など、大人ニキビができる要因を排除することも、コラーゲンの摂取によるニキビの発生を防ぐことにつながります。[4]

[1]:富山大学医学部「最近の話題「ゼラチン・アレルギーをご存じですか ? 」」(2018.10.3)

[2]:アレルギーの心配はありませんか。 | 「ぷるぷるアミノとコラーゲン」 | よくあるご質問 | 味の素(株)ダイレクト -健康食品・化粧品[公式通販](2018.10.3)

[3]:用賀アレルギークリニックQ&A「コラーゲンアレルギー」(2018.10.3)

[4]:コラーゲンを飲むとニキビが増える?│健康食品・サプリメント通販のファンケルオンライン(2018.10.3)

新常識!コラーゲンだけでは不充分?あわせて摂りたい美容成分 お手軽度は?効果は?人気のコラーゲンサプリを飲んでみました!
新常識!コラーゲンだけでは不充分?あわせて摂りたい美容成分 お手軽度は?効果は?人気のコラーゲンサプリを飲んでみました!
新常識!コラーゲンだけでは不充分?あわせて摂りたい美容成分

お手軽度は?効果は?
人気のコラーゲンサプリを
飲んでみました!

タイプ別
人気のコラーゲンサプリ集

コラーゲンサプリの
知っておきたい基礎知識

新常識!サプリで
摂りたい3大美容成分

今日からできる!
見た目が若い人になるにはここをケア

Copyright (C)【最新版】コラーゲンサプリ大図鑑|指名買いベストサプリはコレ! All Rights Reserved.