新常識!コラーゲンだけでは不充分?あわせて摂りたい美容成分
コラーゲンサプリ大図鑑 » 人気のコラーゲンサプリーカプセル&タブレッドタイプー » ディアナチュラ低分子コラーゲン(アサヒグループ食品)

ディアナチュラ低分子コラーゲン(アサヒグループ食品)

「ディアナチュラ低分子コラーゲン」の愛用者の口コミ

コラーゲン系はほかにも試しましたが、ほとんど効果が感じられず…。でもディアナチュラだけは、しっかりと効果を感じられました。目に見えてわかる効果があるので、摂取がとても楽しいです。朝と寝る前に分けて飲んでいて、すでにリピ買いしています。(30代 女性)

パウダータイプで今まで飲むことに苦戦していたので、粒タイプでとても飲みやすいです。私は肌の調子が良くなりました。いつも冬は肌が乾燥してしまうし、寝ている時もかゆくて掻いてしまうぐらいですが、サプリを飲み始めてから調子がいいです。(40代 女性)

初めて使ったときの感動が忘れられず、10個まとめ買いをしました!毎日飲んでいます。お肌のきめが整うのと、目の下のクマもなくなっています。低分子ということで、吸収率が高いおかげかな?と思っています。(40代 女性)

1ヶ月ほど毎日服用しましたが、生理前の肌荒れがひどくなり、こちらが原因だったのではと思っています。どうしてコラーゲンで肌荒れしてしまうのか不思議です…。あと、形状も飲みにくく、毎回飲むのに苦労しています。とりあえず購入した分は飲みますが、リピはありません。高評価が多かったので、期待していただけに残念です。

1本飲んでみましたが、顔中に吹き出物ができてしまい、飲み終えたところでやめました。飲むのをやめたら吹き出物が収まったので、私には合わなかったということでしょうね。口コミを見ていると、効果がある人とない人でわかれるようなので、私は後者だってということで…。

コラーゲンサプリの
配合成分比較表を見る

「ディアナチュラ低分子コラーゲン」のおすすめポイント

ディアナチュラ低分子コラーゲンサプリ
画像引用元:ディアナチュラ公式サイト
(http://www.dear-natura.com/product
/beautycare02.html)

低分子コラーゲン2000mgも配合!

コラーゲンを2000mg配合し、コラーゲンとともに欠かせない、ヒアルロン酸とエラスチンも配合していますが、配合量がちょっと少ないのが残念…。とはいえ、240粒入り(30日分)で1,380円なのでお手頃価格で続けやすいサプリです。

ビタミンCでしっかり美肌へ

美肌に必要なビタミンCも同時に摂取が可能です。美白には欠かせない成分として有名ですが、足りていない人が多いのも事実。ディアナチュラなら不足しがちなビタミンがしっかりと補えますよ。

低分子コラーゲンとは

一般的なコラーゲンは高分子コラーゲンと呼ばれることもあるコラーゲンです。

高分子コラーゲンは、水に溶けにくく、消化の観点からも体内への吸収が悪いとされています。

低分子コラーゲンは、高分子コラーゲンに熱を加え、さらに酵素分解をして加工したもので、コラーゲンペプチドとも呼ばれます。

低分子コラーゲンはその名の通り分子が小さいのが特徴です。低分子コラーゲンに加工することにより、経口摂取したコラーゲンを吸収しやすくなることに加え、細胞にアプローチをして活性化する効果もあるといわれています。

ディアナチュラの低分子コラーゲンは、摂取することで効率よく体内に吸収され、コラーゲンの合成を助けてくれる効果が期待できます。

ちなみに、多くのコラーゲンサプリでも、低分子コラーゲンを採用しているようです。

「ヒアルロン酸」「エラスチン」「コエンザイムQ10」の効果

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、肌の内側で水分を保持する働きがあります。水が加わることでゼリー状になり、その保水効果はかなり高いです。

美肌を目的としたサプリメントでは、その多くがヒアルロン酸を配合していますし、保湿効果を謳っているスキンケアコスメでも、ヒアルロン酸を配合しているものは多いです。スキンケア用品として、ヒアルロン酸そのものを販売しているメーカーもあり、やはりゼリー状で保水効果の高さを実感できます。

エラスチン

エラスチンは繊維状になっているタンパク質で、エラスチン自体がゴムのような伸縮性を持っています。

肌の内側で弾力性を維持する働きがありますが、10代をピークにエラスチンは減少していくといわれています。

また、活性酸素の影響で線維芽細胞が壊れてしまうと、肌の弾力も失われてしまうため、効率的なエラスチンの摂取が理想です。

しかし、エラスチンを食事で摂取することは難しいため、サプリメントでの摂取が効率的です。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10のもっとも大きな効果は「抗酸化作用」です。体内に潜む活性酸素は、細胞を酸化させてしまうやっかいな存在で、細胞が酸化してしまうとその働きが衰え、肌であれば老化につながってしまいます。

この活性酸素を退治する働きが期待できるのが、コエンザイムQ10です。また、糖質や資質をエネルギーに変え、代謝を高める効果も期待できることから、美肌のほかにもダイエット効果も期待できます。

コエンザイムQ10は、野菜や肉、魚などいろいろな食材に含まれていますが、やはり必要量を摂取するにはかなりたくさんの食材を食べなければならないため、サプリメントでの摂取が効率的です。

ディアナチュラ低分子コラーゲンの3大美容成分の配合量

コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン以外に、ビタミンCやコエンザイムQ10などの美容成分も配合しています。

1日あたり価格 50円
安心・安全 製品の安全確保の一環としてトレーサビリティを運用
販売会社 アサヒグループ食品
新常識!コラーゲンだけでは不充分?あわせて摂りたい美容成分 お手軽度は?効果は?人気のコラーゲンサプリを飲んでみました!
新常識!コラーゲンだけでは不充分?あわせて摂りたい美容成分 お手軽度は?効果は?人気のコラーゲンサプリを飲んでみました!
新常識!コラーゲンだけでは不充分?あわせて摂りたい美容成分

お手軽度は?効果は?
人気のコラーゲンサプリを
飲んでみました!

タイプ別
人気のコラーゲンサプリ集

コラーゲンサプリの
知っておきたい基礎知識

新常識!サプリで
摂りたい3大美容成分

今日からできる!
見た目が若い人になるにはここをケア

Copyright (C)【最新版】コラーゲンサプリ大図鑑|指名買いベストサプリはコレ! All Rights Reserved.